【Q&A vol 46】法人化のメリット・デメリットとは!?

法人 化

個人事業としてアフィリエイトをしていて、ある程度売上が増えたら法人化を考える人が多いと思います。

私も2011~2013年までは、個人事業主でアフィリエイトをしていて、2014年に法人化しました。

これが当社の履歴事項全部証明書です。事業の目的は、後で追加すると変更にお金がかかるので、色々入れてみました。

アフィリエイトだけであれば1~3で十分ですね。後で追加するのが面倒なので、考えられるものは入れておきました。なお、数が多すぎると銀行の融資が通りづらい場合もあるようです。

法人化する際の所得の目安は、年800万円や年1,000万円と言われることがありますが、税理士に相談すると年1,500万円ぐらいの所得になったら法人化するのが良いと考える人が多いようです。

色々なケースがあるので、早く法人化しても良いのですが、決算書の作成などでお金がかかることと、利益が出てなくても出費があることや、社会保険の加入義務などがありますので、年1,000万円ぐらいであれば法人化しなくても良いと思います。

法人には株式会社の他に合同会社などがありますが、登記費用が安いのは合同会社で、自分でやれば10万円以下で設立できます。ただ、アフィリエイトで法人化する際に合同会社にする人はあまり見かけません。私も迷うこと無く株式会社を選びました。

アフィリエイトで法人化するまでの期間

私自身は4年ほどかかって法人化しましたが、早い人だとアフィリエイトを始めて半年ぐらいで法人化する場合もあります。

売上(所得)次第なので、アフィリエイト報酬が急増して、一気に月100万円を超えてくるようだと、節税を考えて法人化する人が多いようですね。

ただ、法人化した後に報酬が落ちる人も多いです。月100万円を超えて法人化して、その後すぐにGoogleのペナルティにあってサイトのアクセス数が激減して、月30万円の収入になってしまった人もいます。法人化直後にGoogleのペナルティを受けやすいという都市伝説もあります・・・

法人化すると節税効果は高いですが、売上が下がるとデメリットも多くなりますので、月100万円前後で法人化を考えている人は、自分のやり方が今後も収益が安定するかを含めて、慎重に考えた方が良いと思います。

法人化を考える所得額

アフィリエイトで法人化する時に目安になる金額は、売上ではなく所得で考えなければなりません。

月150万円の所得を超え年1,800万円を超えるようであれば、確実に法人化した方が良いと思いますが、月100~120万円ぐらいの売上であれば、経費を使って100万円以下の所得にして、青色申告しておいた方が良いかもしれません。

利益が出たから無駄に経費を使うのは良くありませんが、人件費や先行投資などで経費を使うことで収益が伸びます。人を雇ってもいいですし、サイトのデザイン、ドメイン費用、サーバー費用、記事外注費など、収益を上げられる可能性がある経費は沢山あります。

法人化する際にかかる費用

法人化するためには、会社の登記が必要になりますが、自分でやるのは大変なので、司法書士や行政書士にお願いする人が多いと思います。私はお世話になっている税理士さんに、司法書士を紹介してもらいました。

自分で法人登記する場合、登録免許税や印鑑、定款認証費用などで20万円ほどの費用でできますが、司法書士などにお願いする場合、手続代行費用に10万円ほど支払い、合計30万円ほどの金額になります。

30万円で全ての手続きをやってもらえるので高くはない金額だと思います。自分で決めるのは会社名、事業内容、設立日などの細かい部分です。

登記にかかる日数は3~7日ほどです。思っているよりも簡単に法人化することができますが、アフィリエイト企業の場合、法人銀行口座の開設やASPの振込先の変更などが結構面倒です。

士業さんたちは横のつながりが強いので、繋がりを持っておくと、弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、税理士、公認会計士などを紹介してもらうこともできます。色々相談できるのでありがたいです。

確定申告を全部自分でやっている人も多いですが、事業に集中するためにも月50~100万円の報酬になったら帳簿や確定申告は税理士にお願いするのが良いと思います。

Source: http://www.albino.xyz/blog/132/



動画を見ます 法人 化

【Q&A vol 46】法人化のメリット・デメリットとは!?

詳細について 法人 化

(一)行政法人,指除國家、地方自法團體外。為履行國家特定公共任務,由中央目的事業主館機關依「行政法人法」(目前尚在行政院審查階段),或其他法律規定設立具公法性質之法人。

(二)行政法人化係行政院推動政府組織改造、提高政府施政效能,所規劃研擬的策略之一。其創設之理由係因國家不再堅持「集權」,不再堅持所有國家任務都非由自設的機關組織不可,而朝「分權」的方向發展,將部分國家任務移轉由獨立之組織體負責。其在法律上之意義,系指於國家及地方自治團體之外。另設擁有獨立法律人格之組織體負責,再由該法人替國家分擔特定公共任務的履行,可使公共任務之執行更有效率。

Q2:將國立大學「行政法人化」的理由為何?

(1)   優點:有什麼可以超越現在制度?

(2)   缺點:弊端如何防制?相關法令之具體內容為何?

(3)   世界各國國立大學採行「行政法人」一制者有那些?其成效為何?

1、國立大學因係教育部附屬機關學校。必須同樣受限適用政府機關之人事、會計、預算、審計、採購等各種法令限制,影響大學學術發展及競爭力。例如:學校用人必須依照公務人員等相關法令,無法彈性進用學校所需之人才,對於擬聘之國外大學知名教授,亦無法提供較高之薪資待遇,致影響大學延覽人才,有礙學術發展。此外,預算必須每年編列,無法配合校務發展長期規劃,大學以校務基金自籌經費購買儀器設備或進行建築工程,仍必須依採購法規定辦理,致產生諸多困擾並延誤時效等問題。

2、事實上,國立大學法人化原即為研議多時且確定之政策方向:

(1)民國七十七年至八十三年立法院審查現徑大學法期間,國立大學法人化即曾為討論焦點。

(2)行政院「教育改革審議委員會」於民國八十五年十二月提出之「教育改革總諮議報告書」對大學教育運作提出之具體建議中,亦包括設置高等教育審議委員會、大學公法人化、學術與行政體系分立、建立評鑑等重要建議。

3、本部歷經多年研議,並配合政府組織再造,爰規劃國立大學行政法人構想,俾使大學組織運作更具有彈性自主,有助大學教育發展。

4、國立大學改制行政法人之相關規定業納入大學法修正案,於九十一年十二月九六日陳報行政院,目前在行政院審查中。

(二)國立大學行政法人化之優點:(整理如比較表)

Source: http://www.dali.tc.edu.tw/%E5%AF%A6%E9%A9%97%E7%B5%84/%E8%88%88%E5%A4%A7%E9%99%84%E4%B8%AD/%E5%9C%8B%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%B8%E6%94%B9%E5%88%B6%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%B3%95%E4%BA%BAQ.htm

Leave a Replay

Submit Message