長友の恥ずかしい話を香川が暴露!! 株式会社Cuore設立

株式 設立

長友の恥ずかしい話を香川が暴露!! 株式会社Cuore設立

詳細について 株式 設立



1.事業譲渡と会社分割

 M&Aの手法である事業譲渡と会社分割も、企業のグローバル化の進展による事業環境の変化への対応策や、企業再生等の手法として、今では珍しくないものとなっています。ここでは、両方の手法を比較することにより、ケースに合った手法を比較して説明します

(1)事業譲渡

 事業譲渡とは、会社そのものではなく、事業を対象とした取引であり、会社が営む事業の全部又は一部を譲渡することをいいます(図を参照)。

(2)会社分割

 会社分割とは、会社がその事業の全部又は一部を他の会社に承継させ(吸収分割)、または新たに設立する会社に承継させること(新設分割)をいいます。

2.類似する点と相違する点(1)類似する点

 事業譲渡と会社分割は、会社の事業の全部又は一部を承継させるといった点で類似した効果があります。また、決定するためには原則株主総会での特別決議が必要となることも共通して言えます。  (事業譲渡で、他の会社の事業全部を譲り受ける場合、その対価が譲受企業の純資産の20分の1を超えない場合には、株主総会の特別決議は必要ありません)

(2)相違する点

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/oyakudachi/index02.html



当事務所には、起業をご検討されている方や法人なりをご検討されている方から 「会社を設立した方が良いのか? 個人事業の方が良いのか?」 「個人事業でなく、法人を設立するメリットは?」 「このまま個人事業主が良いのか? それとも法人成りした方が良いのか?」 といった内容のご質問を非常にたくさん頂きます。

法人には法人の、個人事業には個人事業のそれぞれメリット・デメリットがありますので、一概にどちらが良いと言うことは難しいです。

最初の手続きや費用だけを比べれば、個人事業の方が簡単にスタートできます。 個人事業の場合は、税務署に開業届けを提出するだけで事業を始めることができます。

一方、株式会社や合同会社を設立して事業を始めるには、費用と時間がかかります。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼しないで、ご自身で手続きされても、法定費用(公証役場や国に払う登録免許税など)として

 *株式会社の場合は、最低約242,000円   (定款認証費用:約92,000円、定款の枚数により異なります。)   (設立登録免許税:最低150,000円、資本金額により異なります)  *合同会社の場合は、最低約100,000円   (定款に貼る収入印紙代:40,000円)   (設立登録免許税:最低60,000円、資本金額により異なります)

また、手続きにかかる時間は、各々違いますが2〜4週間はかかると思って下さい。

当事務所のような設立手続きを代行する専門家に依頼すれば、面倒な書類作成や手続きは、全て任せる事ができ、法人設立までの時間もかなり短縮できますが、上記の法定費用の他に報酬代(手続き代行費用)がかかります。

このように最初の費用や手間(時間)だけを考えると個人事業を選ぶ方が多そうですが、 ここ数年は、最初から株式会社や合同会社を設立して独立・起業される方が非常に増えています。

法人(特に株式会社)を設立される方が増えたのには、2006年5月の会社法施行によって、法人の設立要件が非常に緩くなった事が一因と思われます。

例えば、会社法施行前(2006年5月以前)に株式会社を設立するには、資本金1,000万円以上+最低役員4名(取締役3名、監査役1名)以上と厳しい設立要件でしたが、現在は資本金1円以上、役員1名(取締役1名)以上と簡単に設立できるようになっています。

合同会社は会社法施行によって設立できるようになった新しいスタイルの法人ですが、やはり資本金1円以上、役員1名以上で設立できます。

株式会社や合同会社などの法人が簡単に設立できるようになった事以外には、

◆税金問題  *節税対策(法人の方が節税しやすい)

◆信用問題  *個人事業だと取引先に限界がある  *個人事業だと契約できないケースがある

が、多くの方が法人を選択される理由と言われています。

当事務所で過去に個人事業主から法人成りをお手伝いさせて頂いた多くの方が、法人成りした理由として、

 *節税対策(顧問先の税理士さんから法人化を薦められたなど)  *対外的な必要性(取引先から法人化を要請されたなど)

信用問題ですが、特に近年、不景気の影響もあってか、

 *「取引先から法人でないと今後、取引できないと言われた」  *「営業先で法人でないと契約できないと言われた」

株式会社であれば債権者(契約者)を保護する法的な規定がありますが、個人事業にはそのような規定がありません。

債権者(契約者)からすれば、何の保証も無い個人事業よりは法人との契約を望むのは当然の事と言えます。

また近年インターネット等で販売をされる方も多いですが、消費者(買う側)からするとやはり会社の方が安心感を与えるのは事実です。 (よほど個人的に知名度等があれば別ですが)

ここでは、個人事業と法人のどちらでスタートするか迷っている方のために、以下のコンテンツをご用意させて頂きましたので、是非ご参考にして下さい。

■個人事業と法人の比較 ■個人事業と法人の税金面の比較 ■個人事業と法人のメリット・デメリット ■各法人の比較 ■自分に最適な起業のスタイルは?

Source: http://j-net21.smrj.go.jp/well/zeikin/cat2/cat2-5/20100701_01.html

Leave a Replay

Submit Message