中国から日本不動産投資の登記から税金まで連続受託一括処理専門家

社団 法人 設立 費用

  一般社団法人の場合、会社設立より手続が若干面倒(特に、定款作成の際に注意が必要)な反面、登録免許税は6万円であり、株式会社(15万円)と比べ、大幅に安くなっています。

■標準報酬(完全代行コースの場合)

※ご自身で手続きした場合、プロに依頼する場合に比べ、大幅に時間がかかります。また、間違ったまま登記されてしまうと、変更登記手数料が余分にかかることになりますので、ご注意ください。

⇒一般社団法人設立・一般財団法人設立代行の相談へ

<一般社団法人設立する場合の法定費用の概要>

一般社団法人を設立するには、下記にあるように法定費用などがかかります。

法定費用は、弊社のような専門事務所に依頼せず、ご自身で手続きされてもかかる費用です。

・定款の認証(公証役場)ー認証手数料5万円、 謄本証明書1枚250円×定款の枚数分 (一般的な一般社団法人の定款で約2,000円)

・登記申請(法務局)ー6万円 郵便局か法務局で上記金額分の収入印紙を購入して収める。 上記のように、一般社団法人の設立には、最低でも約112,000円の法定費用が必要になります。

・その他の費用 1.個人印鑑証明書の取得代ー1通約250〜300円(各市区町村役場にて) 1人で社員及び役員に就任する場合は、2通必要です。 法人が社員になる場合は、会社の謄本(履歴事項全部証明書)及び会社代表印の印鑑証明書がそれぞれ1通必要です。

2.一般社団法人の印鑑作成代ー印鑑4点セットで市場価格約3〜4万円です。 一般社団法人代表印、銀行印は必要かと思います。角印、ゴム印はあれば便利です。 当事務所でもお得な会社印鑑3点セット(税別15,000円)を販売しております。

3.一般社団法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得代ー1通1,000円(法務局で取得) 設立後、各役所や金融機関に提出しますので、5通くらい取得したほうがよいです。

4.一般社団法人代表印の印鑑証明書の取得代ー1通500円(法務局で取得) 設立後、必要になる場合があるので、3通くらい取得したほうがよいです。 以上、一般社団法人の設立費用として、約15〜16万円が、かかります。

?その他、始められる業種によっては、許認可を取得する為の費用がかかります。

一般社団法人設立代行・公益法人移行手続の相談は今すぐ!

TEL:06−6375−2313 (※相談予約制) フロンティア総合国際法務事務所 公益法人事業部まで

1、独立・起業の専門誌「アントレ」2006年9月号(リクルート社・全国の書店、コンビニで販売)に専門家として紹介される。 2、2006年11月6日当事務所応接室にてMBS(毎日放送)の取材を受ける。 3、2008年9月30日名古屋テレビ報道特集番組「UP!」に出演。専門家としてコメント。 4、週刊ポスト(2008年11月21日号)49ページに掲載。専門家としてコメント。 5、その他、その道のスペシャリストを紹介する「国際グラフ」や「夕刊フジ」大阪版等の取材申込あり。

12月19日:一般社団法人設立費用ページを更新しました。

05月17日:一般社団法人・非営利型設立ページを更新しました。

05月17日:一般財団法人設立費用ページを更新しました。

05月17日:一般社団法人設立定款認証代行コースページを更新しました。

05月17日:一般社団法人設立書類作成コースページを更新しました。

Source: http://www.k-houjin.com/post-7.html



動画を見ます 社団 法人 設立 費用

中国から日本不動産投資の登記から税金まで連続受託一括処理専門家

詳細について 社団 法人 設立 費用

 病院・診療所の新規開業をご検討されていたり、開業後順調に医業を発展されてきた院長・事務長のみなさまは「医療法人にした方が有利だ」と聞くことがよくあるかと思います。

 ところが 医療法人を設立した場合にどんなメリット・デメリットがあるのか? 医療法人設立にはどんな要件・手続きが必要なのか?

 などがよくわからないが、 診療が忙しくて本で調べたり、セミナーに参加するヒマもない 人に任せっきりにせずに自分でも把握しておきたい  という方が多いのではないでしょうか?

 このサイトは、医療法人設立を検討される多忙な院長様および事務長のみなさまが医業に専念していただけるように、情報提供をしていくサイトです。

医療法人設立のポイントをシンプルに解説

 拠出によって設立される法人で、現在設立できる医療法人は資金や財産を提供しても医療法人に対する持ち分はありません。また、法人の解散時に残った剰余金は都道府県知事に認可を得て、国、地方自治体又は他の医療法人に帰属することになります。

 拠出の方法は2種類あります。 【1】医療法人から拠出者への返還義務がある基金制度 【2】医療法人から拠出者への返還義務がない拠出制度

 寄附による財産に基づいて設立される法人で、社団同様に財産の寄附者に対して持分を認められません。

 医療法人設立を検討される場合は、一般的には医療法人の約99%を占める医療法人社団の法人形態で検討されれば十分かと考えられます。

 当サイトでは医療法人社団に絞った解説をさせて頂きます。

Source: http://www.fujii-jimusho.com/iryou/index.html

Leave a Replay

Submit Message