社会福祉法人 設立 認可 申請代行 行政書士鈴木事務所

行政 書士 法人 設立

行政書士の魅力の一つは、「独立開業」ができること。 コンサルティング業務や書類作成業務など、その仕事は多岐に渡ります。 また、行政書士資格はキャリアアップやダブルライセンスにも適した資格です。

受験資格もないことから誰でも受験が可能なため、自分の可能性を広げることにも最適な資格といえるでしょう。

行政書士の業務

行政書士が活躍できる分野は大変幅広く、それゆえ独立開業して、国民の一番身近な法律コンサルタントとなれるのです。

行政書士は、次の3つが主要業務と言われています。

1. 書類作成業務 【官公署に提出する書類】

1. 企業活動・権利義務に生ずる申請書の提出先 2. 申請書の作成・提出代理を依頼 3. 申請書に関する相談業務 4. 申請書の作成業務 5. 申請書の提出代理業務

2. 提出代理業務

書類の作成だけなく、その提出代理もできます。平成14年7月1日に施行された改正行政書士法で、行政書士に「代理権」が付与されました。これにより、「官公署に提出できる書類の提出代理権」(官民代理)や「契約その他の書類の代理権としての作成」(民民代理)ができるようになりました。代理人としての行為は行政手続の適正円滑化に資するので公益にかなうものであり、社会的な信頼が向上し、国民がより安心して行政書士に依頼を行うことができます。

3. 相談業務

顧客から依頼された書類の作成についての相談が業務として行えます。近年は相続や離婚、クーリングオフなど個人に関する相談業務だけでなく、法人より新規の事業展開や会社設立に関する相談も増えており、コンサルティング的な業務も行っています。 また、書類に関連しない法的な相談業務も増えており、街の法律家としての役割も年々高まっています。

行政書士の将来性

近年の行政書士法の改正に伴い、行政書士の取り扱える業務は広がっています。また、社会情勢の変化に伴い、「街の法律家」としての行政書士の可能性は非常に高まってきています。

行政書士と代理権

平成14年7月1日に施行された改正行政書士法で行政書士に「代理権」が付与されました。これにより、「官公署に提出できる書類の提出代理権」(官民代理)や「契約その他の書類の代理権としての作成」(民民代理)ができるように

Source: http://www.crear-ac.co.jp/gyousei/miryoku/



動画を見ます 行政 書士 法人 設立

社会福祉法人 設立 認可 申請代行 行政書士鈴木事務所

詳細について 行政 書士 法人 設立

東京・神奈川・埼玉・千葉といった首都圏だけでなく、大阪・名古屋・福岡などの大都市圏や政令指定都市、北は北海道から南は沖縄まで全国対応いたします。フルサポートプランであれば、NPO法人設立にかかる費用は全国一律の120,000円(税別)。お近くの行政書士に依頼するよりも、格安料金でNPO法人設立可能です。低価格で最高品質の法務サービスをご提供いたします。

お申し込みを頂いてから、最短1週間で認証申請が可能です。 お客様でご用意いただくものは、「役員の住民票」「役員・社員名簿」「チェックシート」のみ。価格が安いだけでなく、簡単・迅速に申請を代行いたします。 申請書類作成代行プランでも、1週間で申請書類一式をご用意いたします。

当社との契約には「認証保証」をもれなくお付けしますので安心です。なお、今までの申請で認証を取れなかったケースは1件もございません。また、申請中の所轄庁との面倒な折衝や書類の修正も、すべて当社の担当スタッフが対応いたします。 認証申請、法人登記の手続きまで含まれた料金なのでとってもリーズナブルです。

全国で累計500社を超える業界断突のNPO法人設立実績があり、安心してお任せいただけます。お客様お一人お一人に専門のスタッフが対応いたしますので、きめ細やかなサービスが可能です。 「経験・知識・実績」では、他社と格段に差がありますので、難しい案件もお任せ下さい。

Source: http://www.npo88.com/

Leave a Replay

Submit Message