金融 会社 設立

金融 会社 設立

【公式】株やFXなどの金融商品はいくらの資金から始めたらいいのか?

詳細について 金融 会社 設立



金融会社開業パッケージ

金融会社開業パッケージは、 世界で最も有名なオフショア国の一つで金融ライセンスを取得し、 一般的な金融コンサルティングからPaypalのような電子決済ビジネスまで 貴方自身がフィナンシャルサービス会社として世界中の顧客に 様々な金融サービスを合法的に提供できることを意味し、 オフショアビジネスとしてステータスが高く 非常に価値のある無限の可能性を秘めたパッケージとなっております。

当パッケージをお申し込みいただくことで、 具体的には下記のような業務を行うことが可能です。

・金融コンサルティング ・デビットカード発行プログラム ・バーチャルゴールドビジネス ・電子マネービジネス ・ファクタリング ・リース ・マネー両替サービス

※さらに幅広く、銀行同様のサービスを提供されたい場合は 「銀行開業パッケージ」をご検討ください。

会計監査や決算義務はなく、合法的に100%無税で運営可能です。 さらに、近年のマネーロンダリングや詐欺等の急激な増加によって 現在世界中の銀行で金融事業者への口座開設が拒絶されている中、 当パッケージでは第三者資金の受け入れが可能な金融機関向け専用口座も付属します。

オフショア法人設立や口座開設は日に日に困難になっています。 当社といえども突然ご依頼をお断りするような状況にならないとも言えません。 当パッケージは貴方自身のフィナンシャルサービス会社を設立できる またとない機会ですので、ご検討中のお客様はお早めにご連絡ください。今回ご提供可能なパッケージは2プランございますが、 各プラン共にエージェントとの取り決めにより 募集は限定(2社分確保いたしました ※11月6日更新)となっております。

<金融会社開業パッケージ>

パッケージには金融ライセンス付きオフショア法人と金融事業者向け専用口座が含まれています。

<金融会社開業パッケージ+カード発行>

[2016/10/6更新] この度マスターカード社でのオリジナルデザインカードの承認許可が5000枚以上からとなったことを受け、カード発行支援のサービス内容を下記の通り大幅アップグレードいたしましたのでお知らせいたします。また、新サービスとして5000枚以上の発注ではAPI機能をご利用いただくことが可能となりました。API機能を利用することで、銀行提供のカード管理画面と御社オンラインバンキングシステムを完全連動させ、御社オンラインバンキング内でカード一覧や各カードの残高確認、資金移動が可能となります。

通常パッケージに加え、顧客にプリペイドMastercard発行が可能なプランです。顧客は予め資金をチャージすることで、世界中のATMから資金を現地通貨で出金したり、ショッピングや食事で利用することが可能となります。詳細はカード会社開業パッケージをご覧ください。

Source: http://trustill-gr.co.jp/e-kinsyo/service/ia_establishment.html



会社設立から投資顧問業に必要な金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請までをトータルサポート! 会社設立と金融商品取引業(投資助言・代理業)登録を別々にお申込みいただくよりも効率的かつ料金もお安く、大変お得なパックとなっております!効率的かつ料金も安い理由はこちら 最大で20,000円もお得です。

効率的かつ料金も安い理由

会社設立と金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請を別々にご依頼いただくと、先に会社設立を完了していただき、その後に会社の状況の確認と金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請のためのご相談を承った上で、必要書類の取得・書類作成となりますので、どうしてもお時間がかかってしまいますし、場合によっては会社の事業目的を変更したりする必要が発生してしまいます。

しかし、会社設立パックをご依頼いただきますと、最初の面談の際に、会社設立と金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請のご相談を同時にお伺いすることができます。

そのため、会社設立と同時進行にて金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請のための準備が行えますので、最初から金融商品取引業(投資助言・代理業)登録を前提とした会社設立を行うことができ、同時進行で効率的に手続を進めることができるため、料金もお安くすることができます。

本サービスでは、投資顧問会社設立に伴う登録申請等の当局対応を中心に、契約書や投資家への交付書面の作成や業務運営に係わるスキーム構築など準備段階から開業に至るまで、さらには開業後の様々な手続まで総合的にサポートいたします。その他、会社設立の書類作成・登記や各種手続を代理することも可能ですので、文字通り何もない段階から投資顧問業開業までお手伝いいたします。

サービス内容・特長

投資顧問会社をはじめる上で一般的に必要になる投資助言・代理業や投資運用業の登録を取得するための監督当局との折衝を代理するにとどまらず、設立準備段階からの一貫したコンサルティングサービスを提供することで、クライアント様が行う必要のない事務手続を切り分け・最小化し、スピーディかつ効率的に投資顧問会社の開業をサポートします。

パック内容

※ 営業保証金を供託される場合にはご相談下さい。

サービス料金

これまで独立系を中心に多数のお客さまの投資顧問会社設立をサポートいたしております。

投資顧問会社設立パックの流れ①:ご相談→お見積り

まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

一度当事務所にご来訪いただき、現在の状況を確認した上で、対応方針をご説明いたします。 面談では会社設立のための情報と金融商品取引業(投資助言・代理業)登録に必要な情報に加え、お客様のご希望を詳しくお聞きし、適正な価格でお見積りを提示いたします。

 ②:正式なご依頼

お見積りの金額やサービス内容をご了承いただきましたら、正式なご依頼となります。

 ③:資料収集・書類作成

必要書類は当社で収集・作成いたします。

一部お客さまのみが取得可能な書類が必要になる場合には、書類の取得方法等をご説明させていただきます。

 ④:会社設立登記申請 

※当グループの弁護士が登記申請いたします。

同時進行にて、金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請の準備を進めさせていただきます。

⑤:登記完了

登記が完了した時点で、お客さまにご連絡及び登記簿謄本を取得します。

⑥:金融商品取引業(投資助言・代理業)登録申請代行

登記簿謄本の取得後、書類の準備が整い次第、本店所在地を管轄する財務局へ申請を行います。(東京都に所在地がある場合は、申請の前に財務事務所にて事前面談があります。)

なるべく速やかに、担当の行政書士がご依頼者に代わって申請を行います。

※ 速やかな申請を心がけておりますが、正式な申請に至るまでには当局との度重なる書類のやり取り、折衝が必要であることから、申請内容によっては、かなりのお時間をいただく場合がございます。

⑦:審査

書類が受理されてから、1ヶ月~2ヶ月程度審査が行われます。

この間に書類の追加や補正があった場合にも当社が責任を持って対応いたしますので、ご安心下さい。

⑧:登録通知

 審査で問題がなければ、登録通知が弊社に届きます。

⑨:営業保証金の供託、登録通知書の交付&開業

登録通知書を受領したら、業務を開始いただくことが可能です。

行政書士法人トラスティルを中心に、必要に応じて弁護士法人トラスティルがサービスをご提供いたします。

Source: http://offshoreconsultancy.com/financial-package/

Leave a Replay

Submit Message