社労士で開業すると必要となる費用 ガソリン代

起業 費用

社労士で開業すると必要となる費用 ガソリン代

詳細について 起業 費用



起業前に知ってて欲しい5つのこと|起業・独立・副業を考えてる方向け!

今回は、起業前にこれって知っといた方がいいよ!という内容を5つご紹介させていただきます。今回の記事の担当はFirstStepの小松宣郷です。

起業前のご相談でいつも質問される内容と、これは知っておいた方がいいですよって、よく伝えさせて頂いてる内容になります。

個人事業(法人でなくても)でもいいのでは?

FirstStepは、会社を設立するのをお手伝いする起業支援会社です。で、WEBマーケティングが少しだけ得意で、毎月何十人の起業家からご相談を頂いています。 最初の無料面談で、事業の計画や売上の見込み、どのようにしていきたいのか?など聞き取りをさせて頂くのですが下記のような方が結構いらっしゃいます。

とりあえず、個人事業でスタートしてもいいんじゃないですか? ってことをお伝えしてます。

法人設立費用は、合同会社でも法定費用が約6万円、株式会社なら約20万円必要です。 また、赤字であろうと均等割りという地方税が年間7万円かかってきます。

個人なら、届出1枚出せば始めることが出来ますし、赤字であれば税金はかかりません。 また、それまでの給与所得があればそちらと事業の赤字を相殺し、確定申告すれば還付になることも多いです。

個人事業で初めて、軌道にのってこの事業をずっと継続させていくんだって覚悟を決めた時に会社設立をすればいいのかなぁと思います。

あと、消費税の免税期間は2年間なんで、個人で起業し、ある程度軌道に乗ってから法人化すれば消費税の免税期間を2年以上利用もできます!

合同会社って方法もあるで!

株式会社と合同会社では、若干のチガイはあるものの税務上・融資等では違いはありません。

ランニングコストは、役員の任期ごとの登記コストや、決算公告義務がないなどが理由です。

上場企業(通常、お付き合いする制限が法人でないとダメって場合が多いです)や、売り先が一般消費者の場合や店舗で商売さ�

Source: http://kaisya-tsukuro.net/cost.html



会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります※。 この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。 ※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。 残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。 また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。これは2006年5月に出来た新しいタイプの会社です。 設立費用が株式会社よりも安いことや、利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しているとされており、近年設立が増加しています。 以下に株式会社と比較した特徴をまとめました。

会社設立にかかる費用

必要な費用を表にまとめました。専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とで金額が変わっていますが、当サイトでは安い電子定款を使うやり方を解説していきます。

 ※株式会社、合同会社とも他に定款や登記簿の謄本等で数千円がかかります。

説明を読んで、株式会社または合同会社をつくることを決意されたという方は、ご自身に合った会社設立を行っていただくためにも、設立の手続きに入る前に 「会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?」へと進んでください。

会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?へと進む

Source: https://www.firstep.jp/blog/archives/3251/%E8%B5%B7%E6%A5%AD%E5%89%8D

Leave a Replay

Submit Message