東京都の税理士が一人起業の会社設立とクラウド会計の運営を支援します

起業 税理士 費用

アクシード税務会計事務所は、起業家の皆様を応援致します!

独立開業支援キャンペーン実施中!詳細はこちら>

開業・起業された方のお悩みで多いのが、記帳(会計帳簿の作成)や確定申告のこと。

 「開業したけど、記帳や確定申告って何をすればいいのかよくわからない。」  「でも、売上があまりない初期の段階で税理士と顧問契約を結ぶのは不安・・・。」

そういう方も多いかと思います。 そもそも税務顧問は絶対に必要なのでしょうか?

個人事業主であれば、ご自身で記帳を行い、税務署に行ってご自身で確定申告することも十分に可能です。

税理士が言うのもおかしな話ですが、売上が少なく節税対策の必要もない状況であれば、必ずしも税理士に依頼する必要はないと考えています。

もちろんまったく知識がない状態では日々の帳簿作成や確定申告は難しいですので、月々の会計帳簿の作成、税金の計算などの勉強は必要になります。それでもできるだけ金銭出費は抑えたいというニーズも多いかと思います。

かといって誰にも相談せずにすべてご自身で行うのは不安ですよね。

アクシード税務会計事務所では、独立開業支援の一環として、個人・法人を問わず、独立開業・起業をされたお客様、又はこれから起業をしようとするお客様に対し、無料相談を実施しております。

無料だからと言って、その後顧問契約を強要するようなことはありません。

個人事業で独立開業をした方の中には、知らなくて損をしている人がたくさんいます。それは本当にもったいないことだと思います。

まずは何をすれば損をしないかを知っていただき、それが内容的に、時間的にご自身でできるようなものであればご自身でやるのがベストだと考えています。

税理士に頼らずご自身で確定申告を行えばその分は金銭的なコストカットにはなりますが、同じ時間を本業の業務や顧客開拓の時間に費やせばそれ以上のリターンが見込める場合もあります。

慣れない記帳や確定申告に時間を費やすより、その分の時間を本業に使った方が効率がいいという計算です。

そして、場合によっては税理士に依頼してしっかりと節税対策を行った上で確定申告することで納税額を減らし、結果としてトータルでの金銭面の支出額を減らせるということも少なくありません。

時間もお金も節約できるならロスがないですよね。

まずは開業支援の無料相談で必要な作業を知り、その上で費用対効果を考えていただければと思います。

税理士は敷居が高く、相談しづらいイメージをお持ちかもしれませんが、弊社では30台前半の若手税理士が、お客様目線で丁寧に対応致します!

どんなお悩みでも無料でお答え致します! まずはお気軽ににお問い合わせ下さい。

【HP限定!独立開業応援キャンペーン】

アクシード税務会計事務所では独立開業応援キャンペーンとして、 初年度の顧問料・申告報酬を最大で100,000円(個人のお客様は50,000円)割引致します!

Source: http://inqup.com/ltd-expense



動画を見ます 起業 税理士 費用

東京都の税理士が一人起業の会社設立とクラウド会計の運営を支援します

詳細について 起業 税理士 費用

起業をする時に株式会社の設立を考えている方が多いことでしょう。そうだとしたら、株式会社の設立費用として実質いくらぐらい用意しておけば良いのか気になるところです。

そこで、本日は株式会社の設立費用の内訳と用意しておきたい額をご紹介します。

1.最低限必要な株式会社の設立費用

株式会社の設立に最低限必要な費用とは登記費用です。もし、個人事業からの法人成りなどで、登記費用以外に必要ない場合は、この額だけで株式会社を設立することができます。

1.1 設立登記にかかる費用

株式会社の設立登記は、【1.設立項目の決定】→【2.定款の作成/認証】→【3.登記書類の作成】→【4.会社設立登記】→【5.開業の届け出】という流れで進みます。

この中で、必要な費用の内訳は以下の通りです。

定款に貼る収入印紙代:4万円(電子定款の場合は不要) 定款の認証手数料:5万円 定款の謄本手数料:約2000円 登記の際の登録免許税:15万円(資本金額×0.7%) 参照:『株式会社設立|初めての人でも1週間で会社を作り起業する為の全手順』

従って、自分で会社設立の登記をしようとすると、合計で約25万円ほどが必要となります。

1.2 会社設立の代行業者に頼むと3万円ほど安くなる

実は、会社設立の代行業者に頼むと設立費用を安くすることができます。どういうからくりかというと、設立費用のうち定款に貼る収入印紙代の4万円は、電子定款を作成すれば不要になります。素人が電子定款を作ろうとすると専用の機器の購入のために逆に費用がかさんでしまうのですが、会社設立の代行業者はどこも電子定款を作成するための必要機器を持っています。

そして、設立代行自体を1万円程度の少額で行ってくれるので、会社設立費用は、25万円−4万円+1万円=22万円と3万円ほど安くすることができます。全てを自分で行うのに比べて、時間も費用も節約できるので、設立代行業者を利用するのも良い選択です。

2.株式会社の資本金として必要な額は?

現在は資本金1円で会社を設立する1円起業も可能ではありますが、その後のビジネスのことを考えると、1円起業は適切ではありません。起業前に準備しておきたい資本金額をしっかりと抑えておきましょう。

2.1 株式会社の資本金の平均は300万円

株式会社を設立するには、登記費用以外にも資本金を用意しておかなければいけません。そして、株式会社を設立する際の平均の資本金額は約300万円です。それでは、安易に300万円用意すれば良いのかというとそうではありません。資本金額はしっかりと考えて決める必要があります。

2.2 資本金を決めるための4つのポイント

資本金を決める際には以下の4つのポイントを考慮に入れると良いでしょう。

詳しくは下記のページで解説させて頂いておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

→『株式会社の資本金を決めるために考えるべき判断基準4つと基礎知識』

3.その他必要な費用

株式会社の設立費用を広く考えると登記費用と資本金以外にも事務所の契約費用や印鑑やパソコンなどの事務用品の購入費用、ホームページの作成費用なども含まれます。こうしたその他費用を合計すると大体150〜180万円程度は必要でしょう。内訳に関しては、『会社設立の費用:起業前に用意しておくべきモノリスト』でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ:総務省の統計では起業資金500万円が最も多い

合計すると、やはり総務省統計で最も多い500万円程度がある程度の目安となります。

 関連記事 法人成りすると経費の範囲が広がる 休眠会社を利用する開業についての考察 会社設立時の軍資金(資本金)はいくらにするべきか? ポスト有限会社!?持分会社の秘密とは? 4つの数字を理解して売上と利益を更に伸ばしましょう 【税理士監修】これから起業するならドッチがお得? 日本一分かりやすい「個人事業」VS「法人設立」10番勝負!

Source: http://www.axceed-tax.com/independence.html

Leave a Replay

Submit Message