株式会社設立 電子定款 事業目的

株式 会社 設立 定款

株式会社設立 電子定款 事業目的

詳細について 株式 会社 設立 定款



あなたは今、「会社の定款」と聞いて様々な疑問にぶつかっていることと思います。

「定款」とは、会社設立時には必ず作成しなくてはいけないもので、会社の事業目的や構成員など様々な項目について記載されている文書のことです。

ネットには定款のひな形も多数ありますから、適当に穴埋めするだけでも定款の作成は簡単にできます。

しかし、会社設立後の運営をスムーズに進めるためには“本当にあなたにとって適切な事項が記載されている定款”の作成は不可欠です。

なぜなら、例えばあなたが設立後に許認可を受けたい場合、事業目的に必要事項が記載されていなかった時は、許認可を受けるために定款の目的変更に登録免許税3万円が必要になります。

“本当にあなたにとって適切な事項が記載されている定款”を作るには、株式や会社法に関する知識をある程度身につけておく必要がありますが、すべてを調べるには相当な時間を要します。

ですから、ここでは会社設立に欠かせない「定款」の作成について決めておくべき事項と、その決め方を記載しておきますので、お役立てください。

もくじ

1. 会社設立の定款作成で決める事項11  1-1. 商号(会社名)を考える時の注意点  1-2. 事業目的を考える際の注意点  1-3. 本店所在地  1-4. 公告の方法  1-5. 資本金の額を考える際の注意点  1-6. 事業年度(決算月)を考える際の注意点  1-7. 発起人の人数  1-8. 取締役の人数と任期  1-9. 発行可能株式総数  1-10. 株式の譲渡制限  1-11. 取締役会設置の有無 2. 会社設立の手続き前に準備すること5 2-1. 発起人と取締役の印鑑証明 2-2. 会社印 2-3. 資本金の用意 2-4. 設立費用 3. 穴うめでできる株式会社の定款作成 3-1. 穴埋めでできる株式会社の定款(紙) 3-2. 穴埋めでできる株式会社の定款(電子)

1. 会社設立の定款作成で決める事項111-1. 商号(会社名)を考える時の注意点

商号(会社名)を付けるときにはいくつかの注意点があります。

※1…同一の所在地に、同一の会社名は使用することができない

調べ方は2種類あり、法務局へ行って「商号調査簿」を確認する方法と、インターネットで「登記情報サービス」確認する方法があります。

調べるときは、同じビル内のバーチャルオフィスなどには注意が必要です。

※2…すでに「商標登録」されている商品名と同じ会社名は避ける

すでに商標登録している商品と同じ会社名をつけてしまうと、商標権の侵害になり、訴えられる可能性もあります。(会社名→商号  商品・サービス→商標) 商標登録は「特許電子図書館」で調べることができます。

※3…有名企業と同じ会社名は使用できない

「ソニー」「トヨタ」「三菱」などの有名な企業の商号をそのまま使用することは、「不正競争防止法」にあたるため使用できません。

また、大企業でなくても「不正競争防止法」は適用されるので、管轄法務局内にある似ている会社名も避けるのが良いでしょう。

調べ方は、インターネットや電話帳で同じ名前の会社がないか検索してみましょう。

※4…株式会社の会社名には、「株式会社」という文字を入れる

株式会社なら名前の前か後ろに「株式会社」、合同会社なら「合同会社」と入れる必要がります。

※5…ひとつの部門を表すような商号は使用できない

「○○事業部」のように、一つの会社の一営業部門を表

Source: http://subaru-juku.com/articles-of-incorporation-152



  会社の登記事項に変更があった場合は、変更があった日から原則2週間以内に変更登記をする必要があります。変更登記を怠りますと懈怠による過料が科せられる場合がありますので、速やかに登記することをお勧めいたします。

会社設立後の変更登記もひとりでできるもんにお任せください。

ひとりでできるもんではインターネット上で、必要事項を順番に入力するだけで、定款変更登記に必要な書類が作成できます。また、様々な変更が同時に申請できます。

ご利用方法は(1)入力→(2)印刷→(3)押印して法務局に提出するだけです。

会社設立時に作成した電子定款は「原始定款」となりますので、その定款自体を書き換えるのが定款変更ではありません。定款変更とは取締役会や株主総会で定款の変更を決定することを言います。その変更した箇所が、登記事項の場合は法務局への変更登記が必要になります。 ※行政書士や司法書士は必要ありません。 ※公証役場での定款認証は不要です。

株式会社・有限会社の定款変更 ▲このページのTOP

商号変更登記 会社名(商号)の変更 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 目的変更登記 事業目的の変更 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 本店移転登記(同管轄) 法務局の管轄内で、本店を移転した場合 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円 本店移転登記(管轄外) 法務局の管轄外に、本店を移転した場合 費用:7,560円(税込)+登録免許税6万円 役員の住所・氏名変更登記 代表取締役の引越・結婚等による改名 ※取締役・監査役の結婚等による改名にも対応! 費用:3,240円(税込)+登録免許税1万円 但し、住居表示の実施単体による場合は登録免許税はかかりません。(必ず事前に行政に確認ください。) ※結婚等による改名や、引越等の住所変更の手続き 役員変更登記 役員の増員(就任)・減員(辞任・死亡)に対応 ※役員=代表取締役・取締役・監査役 任期満了による退任・重任も対応しております。 ※本システムでは、役員の解任はできません。 費用:7,560(税込)+登録免許税1万円 ※資本金1億円超の法人は登録免許税3万円 ※取締役の人数に関係なく同料金です。 ※取締役会・監査役の設置・廃止は別途費用 増資(第三者割当) 費用:10,800円(税込)+登録免許税3万円又は増資額の1000分の7の高い方 500万円以下の現物出資に対応! DES(デットエクイティスワップ)に対応! 社長の会社への貸付金を現物出資・可能です。 ※資本準備金にも対応しています。 ※現在の株主による増資も可能! 取締役会の設置・廃止 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円+3万円(ネ) 設置・廃止共に、株式譲渡制限の変更が必要となり、登録免許税3万円(ネ)が加算されます。 設置の場合:監査役非設置会社は、別途監査役の設置と役員変更も必要となります。 監査役の設置・廃止 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 設置の場合:別途役員変更も必要です。(監査役1名が就任となる為) 廃止の場合:廃止の登録免許税は役員変更分の登録免許税(通常1万円)も加算されます。取締役会設置会社の場合は、別途取締役会の廃止が必要です。 支店設置 費用:7,560円(税込)+登録免許税6万円 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 支店移転 費用:7,560(税込)+登録免許税3万円 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 支店廃止 費用:5,400(税込)+登録免許税3万円(ネ) 支店が管轄外の場合、登録免許税9千円(管轄毎)+300円(管轄毎)が別途必要 株式譲渡の承認方法変更 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) ※取締役会の設置・廃止による変更は、システム費用無料(登録免許税はかかります。) 発行可能株式総数の変更 費用:3,240円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 株券発行の廃止 費用:5,400円(税込)+登録免許税3万円(ネ) 旧商法時代の会社で実際に株券を発行していない会社のみ対応!詳細はお問い合わせください。 株式会社・有限会社、その他変更登記 ▲このページのTOP 有限会社から株式会社への 商号変更登記 費用:12,960円(税込)+登録免許税6万円~ 変更と同時に増資もできます。増資する場合は登録免許税が増額になる場合がございます。 ■同時にできること 商号変更・目的変更・役員変更・取締役会の設置・監査役の設置・譲渡制限の承認方法・発行可能株式総数など(本店移転・支店設置・支店廃止以外の殆どの変更登記ができます。) 解散・清

Source: https://www.hitodeki.com/htdk/change.php

Leave a Replay

Submit Message