助成金ってどういうものですか?

株式 会社 設立 助成 金

受給資格者創業支援助成金

雇用保険の受給資格者が創業し、1年以内に労働者を雇用して、雇用保険の適用事業主

になった場合に、創業に要した費用の3分の1(最高200万円)が支給されます。

①法人設立日の前日において雇用保険の受給資格者である方が設立したものである

(離職日において算定基礎期間が5年以上必要。)

②創業受給資格者が出資し、代表者である。

③法人設立日から1年以内に労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業主になっている。

④創業受給資格者の離職日の翌日から法人設立日の前日までの間に、 創業計画書を

中小企業基盤人材確保助成金 

創業に伴い、経営の基盤となる人材(基盤人材)や基盤人材の雇用に伴い一般労働者を

雇用した事業主に対して、最高850万円支給されます。

①法人設立日から6ヶ月以内に改善計画認定申請書を提出している

②創業に伴い300万円以上の経費を負担している

③助成金の対象となる期間内に、経営の基盤となる人材(基盤人材)及び

④基盤人材は、年収350万円以上(ボーナスを除く)の賃金である。

⑤助成金支給申請書を提出するまでに、雇用保険の適用事業主になっている。

高齢者等共同就業機会創出助成金

45歳以上の高年齢者等3人以上が、それぞれ出資し、会社その他法人格を持つ組織を

新たに設立した場合、創業に要した費用の2分の1(最高500万円)が支給されます。

①雇用保険の適用事業主であること。

②事業計画書を都道府県高年齢者雇用開発協会を経由し、独立行政法人高齢・

障害者雇用支援機構へ提出し、事業計画認定通知書の交付を受けること。

③設立登記の日及び計画書提出日において、高齢創業者の議決権の合計が

④支給申請日(法人設立から約6ヶ月後)において、高年齢者等(原則45歳以上

の者)を継続雇用する労働者として1人以上雇い入れていること。

Source: http://www.kaisyasetsuritu.com/?id=35



動画を見ます 株式 会社 設立 助成 金

助成金ってどういうものですか?

詳細について 株式 会社 設立 助成 金

助成金の種類はとても多いので、ここではその代表的なものを紹介しています。

助成金は条件さえクリアすれば必ずもらえるものです。

知らなかったばかりに助成金をもらえず、後で後悔してしまうというケースもあります。

まず、会社設立時にご相談される事をおすすめします。

Source: http://kigyo.office-ichikawa.com/joseikin.html

Leave a Replay

Submit Message