株式会社の設立には、どのくらいの期間がかかるのか?稲沢市、清須市の設立対応

株式 会社 設立 期間

株式会社の設立には、どのくらいの期間がかかるのか?稲沢市、清須市の設立対応

詳細について 株式 会社 設立 期間



募集設立の場合の株式発行事項の決定は、基本的に発起設立の場合と同様ですが、募集株式部分については次のとおりです。

募集設立では会社設立時発行株式の一部を発起人が引き受けます。

それ以外の株式について、発起人が株主を募集します。 募集をする旨定めるときは発起人全員の同意が必要です。(会社法57条)

1. 設立時募集株式の事項に関する決定

設立時募集株式に関する次の事項を、発起人が決定します。

(1) 設立時募集株式の数 (種類株式発行会社である場合は、その種類及び種類ごとの数) (2) 設立時募集株式の払込金額(一株と引換えに払い込む金銭の額) (3) 設立時募集株式と引換えにする金銭の払込の期日またはその期間 (4) 一定の日までに設立の登記がなされなかった場合に、設立募集株式の引受けの取消しをすることができることとするときは、その旨およびその一定の日

株主の募集に対する申込みがあると、発起人は申込者の中から設立時募集株式の割当てを受ける者を決定し、かつその者に割り当てる設立時募集株式の数を決定します。(会社法60条)

設立時募集株式の割当てが発起人によって決定され、実施されると設立時募集株式の引受けが確定します。(会社法62条)

Source: http://kaisyahou.jiten.name/2008/01/post_138.html



会社を作るための手続きは?期間は?

公開日: 2016/04/21 : 名古屋会社設立応援ブログ 事業計画, 会社設立, 口座開設, 名古屋, 定款

では、会社を作るにはどのような手順を踏み、具体的なスケジュールはどのように考えておけばよいのでしょうか? インターネット上では、最短1週間という広告も多数ある中で、一般的に設立に要する期間はどのくらいなのでしょうか?

まずは、具体的な事業計画を立てましょう

会社設立にあたっては、まず具体的な事業計画を立て、そこから逆算することで、いつまでに法人格の取得を終えなければならないかを決めるとよいでしょう。

例えば、既存の取引先から大きな仕事の依頼があり、仕事の開始までに法人格が必要になる場合。 新製品の発表を前に、法人格を取得し、商品発売と共に法人として告知を行いたい場合。 また新製品の開発にあたって、資金調達が必要な為、法人格を取得したいという場合もあるでしょう。

事業計画はしっかり立てましょう

また、会社を設立と同時に、法人税の納税義務が生じますから、半年~1年ほどの資金計画も立てておくとよいでしょう。

当面の資金計画と事業計画が明確に見えてみたら、書面に作成して置く事で、資金調達の際に提出できる資料にもなるので、きちんと形作っておきましょう。

諸費用の算出をします

会社の設立にあたっては、定款の作成といった書面の作成と同時に、発生する費用の算出も重要です。

特に、時間のかかるもの、費用の掛かるものは、会社設立と同時に公開できるように早期の準備を心がけましょう。 準備に時間のかかるものといえば

 場合によっては、制服が必要となる場合もあるでしょう。 これらは準備に1か月前後かかるものですから、会社設立までに間に合うように手配を勧めましょう。

特に社名やロゴに関しては、同業種、同地域で似通った登録がすでにされている場合には、希望通りに受理されない場合もあるので、早めの手配が必要といえます。

定款の作成をします

会社を設立するにあたって、「定款」という言葉をよく耳にします。 「定款」とは、会社における規則や原則、会社の詳細を正式な書式で書き記したものです。 記載しなければいけない項目が定められていますので、必ず漏れの無いように記載しましょう。

絶対的記載事項相対的記載事項の例任意的記載事項の例

定款は、銀行口座の開設の際に、提出を求められる場合もあります。 電子定款で作成する場合、紙で作成する場合よりも40000円費用を浮かせることが可能ですのでぜひ活用してみてもいいでしょう。

登記関連書類の作成と届け出を行います

定款の作成が完了したのちに、登記関連の書類の作成を行います。 用意、作成すべき書類は、

これらの書式は法務省やインターネット上でフォーマットを入手することが可能ですから、 所定の書式を活用し作成を進めてゆくとスムーズでしょう。

すべての書類の作成が完成したら、法務局へ書類を提出します。 法務局へ書類を提出した日が会社の設立日となります。 法務局は、土日祝日はお休みですから、土日祝日を会社の設立日とすることはできません。

法務局へ書類を提出後おおむね一週間ほどで、受理完了の通知が届き、会社の設立が正式に登記されたこととなります。

法務局への提出が持参はもちろんですが、郵送やインターネットでも可能です。 郵送やインターネットでの提出の場合、設立日を事前に確認しておくとよいでしょう。 会社設立という人生の大きな出来事ですから、大安等の暦も重要になることでしょう。

開業の届け出を行います

法務局での登記が完了したのちに、今度は実務にかかわる各種届出をおおないます。 具体的には、税務署や労働基準監督署、都道府県への各種届出などです。

銀行口座の開設をします

法人格の取得が終わったら、法人名義で銀行口座の開設をしましょう。 開設当初が普通口座での開設になりますが、事業が軌道にのり、大口の取引が増えるようであれば、手形決済が可能になるように当座預金の口座を開設する場合もあります。 それぞれの銀行により、開設時の必要となる書類が定められていますので、事前に確認をしておくとよいでしょう。

Source: http://xn--6oqq0jrdr56aww1bc7bu56b.nagoya/post-692/

Leave a Replay

Submit Message