株式会社設立 電子定款 決算時期

株式 会社 設立 定款

定款の作成は、会社を設立しようとする方の多くが最初につまずく部分です。なぜなら、良い定款を作ろうとすると、株式や会社法に関する知識をある程度身につけておく必要があるからです。

しかし、会社を設立する時は、出来るだけお金を生む仕事に集中したいものですよね。

さらに、大切な時間を割いて本業以外の知識をあらためて勉強するのは効率的ではありません。

そこで、このページでは、19個の空欄を埋めるだけで簡単に定款を作成できる雛形と、その記入方法、そして定款を作成する際に、必ず知っておいていただきたい会社運営に関わる注意事項や法的知識のうち重大なものだけを厳選してお伝えします。

お役に立てて頂けると嬉しく思います。

当ページでは、あくまでも一般的な株式会社の定款について記載しております。ここに書かれていることが全てではありませんので、ご了承下さい。

目次:素人でも空欄を穴埋めするだけでできる定款作成の方法

※目次をクリックすると各項目にジャンプすることができます。

1.定款とは? 2.まずは定款作成用の雛形をダウンロードしよう     2.1 定款の2種類の雛形     2.2 取締役会設置会社にするべき場合とは? 3.定款の作成(取締役会非設置会社編)     3.1 定款タイトル     3.2 日付     3.3 商号     3.4 目的     3.5 本店の所在地     3.6 公告     3.7 発行可能株式総数     3.8 株式の譲渡制限     3.9.取締役の員数     3.10 取締役の任期     3.11 事業年度     3.12 設立に際して出資される財産の価額     3.13 設立後の資本金の額     3.14. 最初の事業年度     3.15. 設立時の役員     3.16. 発起人の氏名、住所等     3.17. 電子定款の場合は書換えが必要な項目    3.18. 発起人の記名押印     3.19. 捨て印 4.定款の作成(取締役会設置会社編)     4.1 取締役の員数     4.2 監査役の設置および監査役の員数     4.3 監査役の設置および監査役の任期     4.4 代表取締役及び社長     4.5 設立時の役員 5.定款を作成する際に知っておきたい8つの注意事項     5.1. 商号(会社名)を決める時にしっておくべき5つの決まり事     5.2. 事業目的の具体的な記載事例と2つの注意点     5.3. 本店所在地の書き方2パターン     5.4. 2種類の公告方法と費用の違い     5.5.発行できる株式の数の効果的な決め方     5.6. 株式の譲渡制限を設定すべき理由     5.7. 節税に効果的な事業年度の決め方     5.8. 資本金の適切な額と注意点2つ 6.作成した定款を製本しよう 7.定款作成後の流れ

1.定款とは?

定款とは会社の基本的な規則を書いたもので、別名「会社の憲法」と呼ばれることもあります。定款は、株式会社を設立する際に必ず作成しなければいけません。そして、定款は、下図のように会社手続きの流れの中でも、最初に用意することになる本格的な書類と言えるでしょう。

Source: http://www.ozu100.jp/articles.html



動画を見ます 株式 会社 設立 定款

株式会社設立 電子定款 取締役

詳細について 株式 会社 設立 定款

会社設立について 面倒そうな「会社設立」について、判りやすくまとめてみました!

定款とは

会社を設立するときには「定款」というものを必ず作らなければいけません。 定款とは、社団法人(会社・公益法人・協同組合等)・財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則(実質的意義の定款)、また、それを記した書面・記録(形式的意義の定款)です。 社団法人とはいえないような特殊法人(日本銀行等)の根本規則も定款と呼ばれます。 定款の記載事項としては、以下の分類があります。

一般社団法人(一般法人法)一般財団法人(一般法人法)株式会社

定款は公証人役場というところで認証を受けて初めてその効力を発します。 公証人役場で認証を受けることを「定款の認証」といいます。

電子定款

紙に印刷、製本されたものを定款とされてきましたが、電磁的記録による定款も認められるようになってきました。 これは、PDF文書で作成されたものをいいますが、予め取得した電子証明書を用いて電子署名を行います。この、電子署名を付けたPDF文書を電子定款と呼びます。

紙の定款を認証してもらう場合、かかる費用

公証人手数料 5万円 印紙税(収入印紙) 4万円

公証人手数料 5万円 印紙税(収入印紙) 0円 となり、4万円の節約が可能となります。

但し、電子定款を作成するための住基カード、電子証明書、ICカードリーダライタ、PDF作成用ソフトなどの自分で準備を整えようとすると、それだけで数万円かかってしまう場合もあります。 ご自分の現状にあわせ、1度の定款認証のためだけであれば、行政書士に電子定款作成代行を依頼することも節約の1つになるかもしれません。

Source: http://inqup.com/the-article-of-association

Leave a Replay

Submit Message