東芝 富士通、VAIOとPC合弁会社の設立交渉

合弁 会社 設立

台湾進出で会社設立するための日本企業向け必勝チェックリスト。

会社設立、支店設立は、台湾で事業展開、販路拡大を目指す日本企業にとって一般的な手段と言えるでしょう。台湾で会社設立、支店設立をすると、日本からモノを売る場合に比べて顧客との距離がグンと縮まります。現地市場の把握や情報収集も、ずっと効率良く行うことができ、台湾進出のために、会社設立、支店設立することはある意味理にかなっていると言えるかもしれません。

台湾進出にあたって、会社設立、支店設立することで、日本企業は台湾現地での営業活動が可能となり、あとは自社で策定した事業戦略に基づいて、台湾進出事業を展開していくことになります。しかしながら、台湾進出のために会社設立、支店設立を検討していくと、自分達ではできないことが非常に多いことに気づくことになるはずです。そのため、台湾進出において自分たちで出来ない事をカバーするために、台湾のビジネスパートナーと共に会社設立、支店設立をして台湾進出を目指す日本企業も多くあります。

ということで、まずは日本企業の台湾での会社設立形態について考えてみたいと思います。 台湾現地での会社設立は、現地に法人格を持つ形態です。単独で設立する場合と、台湾企業と組んで合弁で設立する場合はそれぞれ以下のような特徴があります。

台湾での会社設立:独資

ポイント 【自社でマーケティング力、情報収集力、販売網をどれだけ構築できるかが鍵となる。】

メリット 自社の裁量で自由に会社経営が可能。 利益配分がない。

デメリット すべて自前でサプライチェーンなどのシステムを作り上げる必要がある。 投資額が比較的大きくなる。 地元政府や取引先との折衡(せっしょう)。 情報収集能力が劣る可能性。 台湾ではごく一部の業種を除き100%外資での設立が認められている。

メリットに、「自社の裁量で会社経営が行える。」としていますが、それをできるだけのマーケティング策定力、情報収集力、中国語による交渉力を持ち合わせることができるかがポイントとなります。 それができなければ、利益配分が多少減ったとしても、台湾企業と組んで、自社の弱点を補うことも考えたほうが賢明かもしれません。

台湾での会社設立:合弁

ポイント 【最適なビジネスパートナーを見つけることができるのか、が鍵となる。】

メリット パートナーと投資額を分担することができる。 パートナーのノウハウ、人材、経験、知見、ネットワークを活用することができる。

デメリット パートナーの意見も尊重する必要があるため、経営の自由が制限される。 パートナーとの紛争のリスクがある。

自社にはないノウハウ、人材、経験、知見、ネットワークをパートナーと共有できることは事業拡大のスピードを加速させることになります。お互いの弱みを他方の強みで補うことができれば、経営はさらに安定します。最適なパートナーの選択と関係性の維持が成功する鍵となります。

現地拠点の種類

日本企業が台湾に進出する場合、台湾で会社設立、支店設立の他、代表者事務所、連絡事務所を設置することができます。しかし、代表者事務所、連絡事務所は、法人格は無く、営業活動は許可されていませんので注意が必要です。この場合、日本企業は法務活動や台湾での情報収集のみが許可されることになりますので、現地での販売拡大は、台湾のビジネスパートナーに一任するかたちになります。ビジネスパートナーと組んで積極的に現地で営業活動を行いたいのであれば、やはり台湾で会社設立もしくは支店設立をする必要があります。

a) 営業活動が可能 現地法人(会社設立) : 法人格有り 支店(支店設立)   : 法人格有り 工事事務所       : 法人格無し  (工事期間中のみ営業)

b) 営業活動が不可 代表者事務所     :法人格無し 法務機能のみを持つ 連絡事務所      :法人格無し 本社との連絡、現地の情報収集機能のみを持つ

課税所得額は、120,000台湾ドル以上で17%が適用され、120,000台湾ドル以下ですと免税となります。※但し、所得が120,000台湾ドル以上181,818台湾ドル未満の場合はの税額は、(所得-120,000台湾ドル)÷2にて算出されます。

会社設立ステップ

台湾での会社設立までには、以下の2つの申請ステップがあります。

①経済部投資審議委員会にて外国人投資申請 詳細情報および申請書ダウンロードは、経済部投資審議委員会のホームページから可能です。

②機関にて会社登記申請 払込住み基本金または会社所在地により、以下の機関にて申請を行います。 a) 基本金5億台湾ドル以下 台北市 :台北市政府商業処 新北市 :新北市政府経済発展局 高雄市 :高雄市政府発展局 その他の地域 :経済部中部事務所

b) 基本金5億台湾ドル以上 経済部商業司

c) 加工輸出区、科学園区(サイエンスパーク) 加工輸出区、科学園区内に所在地を持つ会社登記を申請する場合は、以下の機関より申請を行います。

・加工輸出区 経済部加工出口区管理処 http://www.epza.gov.tw/ (中国語・英語・日本語) ・科学園区(サイエンスパーク) 新竹科学園区 http://www.sipa.gov.tw/ (中国語・英語・日本語) 中部科学園区 http://www.ctsp.gov.tw/chinese/00home/home.aspx?v=1 (中国語・英語・日本語) 南部科学園区 http://www.stsipa.gov.tw/web/indexGroups?frontTarget=DEFAULT (中国語・英語・日本語)

台湾の外資規制

規制業種 台湾で華僑・外国人が投資できる業種は原則自由です。しかし、「華僑・外国人投資ネガティブリスト(僑外投資負面表列)」にて例外的に禁止項目、制限項目が定められていますので、注意が必要です。禁止項目に属する業種に華僑・外国人のよる投資はできません。制限項目に属する業種については、特別な許可を得た業者に限り投資が可能になります。「華僑・外国人投資ネガティブリスト」に属する業種については、台湾経済部投資審議委員会のホームページにてご確認ください。 台湾経済部投資審議委員会 http://www.moeaic.gov.tw/(中国語・英語)

出資比率 一部の業種を除いて公司法および外国人投資条例による制限はありません。 出資比率100%で投資することも可能です。但し、有線ラジオ、衛生ラジオ、テレビ、電気通信業等の一部の業種については制限があります。

Source: http://www.alesia.jp/how-found-joint-venture/



動画を見ます 合弁 会社 設立

東芝 富士通、VAIOとPC合弁会社の設立交渉

詳細について 合弁 会社 設立

会社設立 | 海外進出するときに必要となる合弁会社の設立方法

様々な会社形態の中のひとつとして、合弁会社があります。

合弁会社とは、外国資本と自国資本が共同出資して設立する会社形態を指します。

今回は、合弁会社の設立方法についてお話ししていきます。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合弁会社=外国資本と自国資本が共同出資して設立する会社

合弁会社とは、外国資本と自国資本が共同出資をして設立する会社のことです。

別名ジョイントベンチャーと言います。

最近では伊藤忠商事が中国に事業展開をする際に合弁会社を設立したことが有名です。

ドコモも中国の会社と合弁会社を設立しました。

このように海外展開をする時に使われることが多いです。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合弁会社の設立方法は設立する国によって異なる!

合弁会社の定義からすると、外国資本と自国の資本による出資があれば設立できます。

合弁会社の設立方法は国によって全く異なります。

まずは自分がどこの国で合弁会社を設立したいのかを考える必要があります。

国が決まったらそれぞれの国の法律を見て設立方法が規定されています。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合弁会社のメリット:投資リスクが軽減される

最後に合弁会社のメリットとデメリットについてご紹介します。

合弁会社のメリットはまず、単純に投資リスクが軽減します。

これは出資を半額しか負担しなくて良いので、投資金額が少なくなるので、リスクが軽減されるのです。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合弁会社のメリット:合弁相手の販売力や設備を利用できる

さらに合弁相手の販売力や、政治力、設備を利用することができます。

これは海外進出に関しては大きな強みになるのでしょう。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合弁会社のデメリット:利害関係でもめてしまう恐れがある

では逆に合弁会社のデメリットは何でしょうか?

最も大きなデメリットは合弁相手との紛争です。

合弁会社を海外でする場合は、相手が良いビジネスパートナーかどうかを見極めることが難しいです。

利害関係でもめることも多くなります。

そのため、最初にする契約をきっちりして、そういったトラブルがないようにしましょう。

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

まとめ

今回は、合弁会社の概要や、設立方法、メリット・デメリットについてご紹介しました。

合弁会社は他の会社形態と比べ、活用が難しい会社形態です。

活用が難しいですが、使えれば大きなビジネスチャンスになりますので、慎重かつ大胆に挑戦してみてはいかがでしょうか?

設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

Source: http://bathpartner.com/kaisya

Leave a Replay

Submit Message