株式会社と合同会社の違いと有限会社について

有限 会社 作り方

有限会社設立有限会社を設立するにはどうするか?有限会社の設立方法

 新会社法が施行された平成18年5月以降は有限会社は新たに設立できなくなりました。 今後は株式会社又は合同会社を設立することになります。  どちらのタイプの会社も1人の会社でも作れますが、合同会社は6万円+αで設立できるのに対し株式会社は20万円+αかかります。 設立してしまえば、税金などは変わりはないので、小さな会社を設立するならば合同会社がオススメです。  このページを検索した人はおそらく合同会社ってなに?という方が多いと思います。 最近では年間1万社を超える数の合同会社が設立されています。また、スーパーの西友やihoneのアップルの日本法人は合同会社です。

合同会社について詳しく知りたい方は合同会社についての設立方法をどうぞ!

小さな株式会社の設立するなら機関設計はシンプルに

 会社の役員構成を決めることを機関設計といいます。 会社の機関には株主総会・取締役・取締役会・監査役・監査役会・会計参与などがあります。 従来あった有限会社のような小規模な会社を設立するならば、 株主総会と取締役(代表取締役)のみを設置する一番シンプルな構成にすればよいのです。 監査役や取締役会を置くことも可能ですが、これらの機関は「会社の所有」と「会社の経営」が 分離している公開会社や大規模な会社を前提に考えられた機関なので、 小規模な会社はこれらの機関を設けてもメリットはないでしょう。 実際の書類の書き方は当サイトに掲載されている書類サンプル(無料)を参考に作成すれば、 株主総会と取締役(代表取締役)のみを設置する形になります。

電子公告で毎年6万円節約!

 従来の有限会社には決算公告をする義務はありませんでしたが、 株式会社は会社法で毎年決算公告するように義務付けられています。 (罰則規定あり100万円以下の罰金) 最新の動向を勉強していない専門家に会社設立を任せると、 従来からあった官報を採用してしまいます。 この官報掲載費は年間6万円と高額で、申込などの手続きも煩わしいものです。 公告の方法を単純に官報を採用しないようにしましょう。 詳細は公告の方法 を参照してください。合同会社は決算公告をする必要はありません。

電子定款で登録免許税を4万円を節約

 有限会社を設立する際の登録免許税は6万円でしたが、 株式会社の場合は15万円にアップします。 設立時の1回だけですが、9万円高くなってしまいます。 この差を電子定款で会社を設立することにより、4万円取り戻すことができます。 では電子定款はどうやって作るの?と言うことになりますが、 自分でやってできないことはありませんが、手間がかかる上 電子署名をつくる設備が必要で4万円前後の設備費用がかかってしまう為、 自分で電子定款を作る人は少ないようです。 詳細は自分で設立すると損って本当? を参照してください。

もっこ詳しく知りたい方は小さな株式会社の設立方法をご覧ください。

Source: http://kaisyasetsuritsu.jp/yuugengaisya-html



動画を見ます 有限 会社 作り方

株式会社と合同会社の違いと有限会社について

詳細について 有限 会社 作り方

今までとは違う1円会社の作り方

今でも「1円会社の作り方を知りたい」という人がとても多いですね。

この1円会社は、「中小企業挑戦支援法」に基づいた手続きを行なった、

最低資本金規制の適用を設立後5年間にわたって猶予されるというものでした。

つまり、それまでは、株式会社であれば最低資本金規制があり、

1000万円の資本金が最低でも必要でしたが、

資本金が1円でも良い1円会社(正確には「確認株式会社」)が設立できるようになったのです。

未だに記憶に残っている人が多いと思いますが、

2006年5月に新会社法が施行され、

申請しなければならなかった1円会社でなくとも、

通常でも1円の資本金で株式会社を設立できるようになったのです。

この結果、 確認会社の制度は廃止されました。

今回は、すでに確認会社の制度が廃止されていることを背景に、

「今までとは違う1円会社の作り方」と題して、

1円会社のメリットを生かす株式会社の作り方について考えてみたいと思います。

今までとは違う1円会社の作り方

「今までとは違う1円会社の作り方」というと大げさかもしれませんが、

以前の1円会社は本当に条件が厳しいものでした。

以前の確認株式会社(1円会社)の作り方

確認株式会社であった1円会社の場合は、

「現在事業を行なっていない個人」「経済産業大臣から創業者として確認されてから2ヶ月以内に会社設立」「会社設立後すぐに登記簿謄本等を会社の本店所在地を管轄する経済産業局に提出」という設立条件がありました。

他にも、「会社設立後5年以内に1000万円(株式会社の場合)以上に資本金を増資しなければならない」「営業年度毎に決算書類を経済産業大臣に提出しなければならない」というような条件もありました。

1000万円の資本金を用意することができずに起業を断念していた人たちにとっては嬉しい制度でした。

しかし、思ったほど起業する人が少なかったようですが、

さらに起業を加速させるということから新会社法ができました。

新会社法後の1円会社の作り方

新会社法後は、前項のような設立前後の条件は特にありません。

会社を設立したい人は誰でも、1円の資本金から自由に資本金額を決めて、株式会社を設立することができるようになったのです。

このことにより、本当に起業しやすい時代になったと思いませんか?

最低資本金額の撤廃ばかりではなく、

以前よりも格段に株式会社が設立しやすくなっています。

新会社法によってどのように会社が設立しやすくなったかは、

このホームページの他のコラムでも確認できますし、

「会社設立サポーターズ」の行政書士に質問することもできますので、お気軽にご質問ください。質問大歓迎です。

他のコラムの例としては、たとえば以下の「株式会社を設立するには」をお読みください。株式会社設立の流れや代表的な必要書類がわかります。

過去のコラムを読む前に、以下の利用メリットをお読みになると、「会社設立サポーターズ」の特徴がよくわかると思います。

会社設立サポーターズを利用するメリット

「会社設立サポーターズ」は、行政書士、司法書士、マーケティングのコンサルタントがチームとなって起業家をサポートしています。

行政書士、司法書士が会社設立代行を行なうばかりではなく、マーケティングのコンサルタントが、ホームページを利用して売上を増やす方法をアドバイスし、レポートのプレゼントやメールサポートを行なっているのが特徴です。

行政書士に会社設立代行を依頼すると法定費用が安くなることを知っていますか?

新規に設立するどの業種の会社でも、たとえリアル店舗を経営する会社でも、ホームページの利用がビジネスの成否を大きく左右することを知っていますか?

「会社設立サポーターズ」を利用すると、

集客するホームページの基礎知識を身につけることができます。

会社設立代行サービスを利用するだけで、

多額のコンサルティング料を支払わなくとも

効果的なホームページ活用法がわかるのは本当に嬉しいと思いませんか?

あなたの会社の成功のためにご一緒に頑張ります。

Source: http://www.dondonnet.com/how-to-set-up-1-yen-corporation/

Leave a Replay

Submit Message