株式会社あきらめない 会社設立記念セミナー

株式 会社 立ち 上げ

株式会社 合同会社 設立費用

詳細について 株式 会社 立ち 上げ



会社設立、起業関連コラム

 小規模でタイで起業する人に痛手?

 起業は、見栄を張らずに最初は小さくやる

 タイ自由ランドがスクムビットのソイ41に移転 

 会社設立で、タイ人に頼らないなら3年必要

 起業の際に一番初めに行うことは、場所の決定である

 タイ人名義の事業運営も考えてみては?

 会社登記で、タイ人株主の預金提示が必要  個人のタイ法人の会社登記で、株主は少なければ少ない方がよい

 タイで会社設立の初期費用は22万円

 「タイで起業」でうまくやっていくためには

 高齢者の起業 毎月の売り上げは最低15~20万はほしい

 2社で勤務は労働許可証1つでOK

Source: http://jiyuland.com/kigyo/kigyo15.html



最初に会社設立手続きの全貌を3分で理解できるようにまとめました。

会社の種類と必要なお金

現在、新しく作れる会社は株式会社のみです。

有限会社は2006年施行の商法改正で新設ができなくなり、今後は消えていく存在なので関係ありません。

株式会社の資本金は、以前は1000万円以上必要でしたが、今は最低1円からOKです。

しかし、資本金1円では銀行にお金を借りに行った場合などに相手にされない可能性が高いので、300万円くらいは用意した方がよいです。

ちなみに300万円は有限会社設立の最低資本金でした。

資本金とは別に、設立の際の届出などで印紙代・手数料などの実費がが24万円くらいかかります。

さらに自分でやらずに行政書士・司法書士などに代行を頼めば、10〜15万円くらいかかります。

会社設立の手続き概要

細かいことを省略して思い切り簡単にすると、次のようになります。

定款(ていかん)という文書を作ります。社名や資本金、事業目的など、会社の基本スペックをまとめたものです。 公証人役場という場所で、定款が法の定めに合っているという認証をもらいます。 法務局に定款を提出して、会社登記を済ませる。 税務署と社会保険事務所に届出をします。法人は1人社長でも社会保険加入が必須です。 人を雇う場合は、労働基準監督署と公共職業安定所(ハローワーク)にも届出をします。

Source: http://www.startup-business.info/

Leave a Replay

Submit Message