会社設立に関するご相談は、北名古屋市、江南市等対応のなごみ起業サポートセンターへ

名古屋 会社 設立

会社設立に関するご相談は、北名古屋市、江南市等対応のなごみ起業サポートセンターへ

詳細について 名古屋 会社 設立



名古屋北・春日井・小牧 創業サポートセンター > 会社設立サポート

会社設立サポート会社設立をご検討の方へ

自分で設立するよりも専門家にご依頼いただくほうがお得であること、ご存知ですか?

まずは、当事務所にご依頼いただく場合とご自身で設立される場合の費用について、 比較してみてください。 

株式会社設立の場合

手数料完全0円! “0円株式会社設立プラン”

⇒ 自分で設立するより4万円も安い!

合同会社設立の場合

手数料完全0円! “0円合同会社設立プラン”

費用詳細 自分で設立 当事務所で設立 定款認証 公証役場の 定款認証手数料・ 定款謄本代 なし なし 収入印紙代 40,000円 0円 会社設立 登記申請 登録免許税 60,000円 60,000円 手数料 なし 0円! 支払い合計 100,000円 60,000円

⇒ 自分で設立するより4万円も安い!

  創業時に融資を“借りるリスク(ローリスク)”とは、   「金利が発生し、支払う必要が無かったかもしれない費用負担をすること」   ですが、創業時に融資を“借りないリスク(ハイリスク)”とは、   「最悪のケース、資金枯渇による事業継続を断念すること(倒産)」   です。   どちらが、重たいリスクでしょうか…!? 会社設立前から経営が軌道に乗るためのサポートをします! 会社設立をされるお客様に関しては、 単なる設立手続きの代行で終わらせず、   創業前の資金調達から資金繰りの安定化を図るサポートまで   幅広く対応しております。   >>創業資金調達サポートはコチラ   さらに、お得なプランもご用意しております! ただし、毎月ご依頼をお受けできる件数には限りがあります… 当事務所に会社設立サポートを多数ご依頼いただくことは大変ありがたいのですが、 事務所の業務品質維持の都合上、基本的には “毎月5社限定”とさせていただいております。   予めご了承ください。   当事務所では、これまでに多数のお客様の会社設立をサポートさせていただいております。 会社の設立からしっかりと準備を行いましょう!   >>株式会社設立サポートはコチラ   >>合同会社設立サポートはコチラ   >>創業資金調達サポートはコチラ   >>創業資金調達+会社設立サポートはコチラ

創業資金調達+会社設立サポート 株式会社設立サポート 0円株式会社設立プラン 株式会社設立手続きプラン 合同会社設立サポート 0円合同会社設立プラン 合同会社設立手続きプラン スピード会社設立サポート 顧問契約をご依頼いただくメリット

サポートメニュー一覧資金について相談したい!会社設立について相談したい!

創業時に融資を“借りるリスク(ローリスク)”とは、

「金利が発生し、支払う必要が無かったかもしれない費用負担をすること」

ですが、創業時に融資を“借りないリスク(ハイリスク)”とは、

「最悪のケース、資金枯渇による事業継続を断念すること(倒産)」

どちらが、重たいリスクでしょうか…!?

会社設立前から経営が軌道に乗るためのサポートをします!

さらに、お得なプランもご用意しております!

ただし、毎月ご依頼をお受けできる件数には限りがあります…

当事務所に会社設立サポートを多数ご依頼いただくことは大変ありがたいのですが、 事務所の業務品質維持の都合上、基本的には “毎月5社限定”とさせていただいております。

当事務所では、これまでに多数のお客様の会社設立をサポートさせていただいております。

会社の設立からしっかりと準備を行いましょう!

>>創業資金調達+会社設立サポートはコチラ

Source: http://thoth-setsuritsu.com/200/20030/



合同会社設立サポート

 合同会社を設立する場合、株式会社設立とは異なり、定款認証手数料、定款謄本代は不要です。

また、登録免許税も株式会社より9万円も安い、6万円で済みます。 

さらに当事務所では、電子定款を利用する為、定款に貼る印紙代 4万円も不要です。

したがって、自分で設立するより40,000円も安く合同会社設立ができてしまうのです!

        自分で設立するよりも40,000円お得です!!!

合同会社のメリット1.人と人とのつながりを重視

 合同会社は”人的会社”と呼ばれ、「人」を主体に考える会社であり、「お金」だけでなく、「知識」や「ノウハウ」、「技術」、「人脈」、「経験」などの全てが資本となってきます。  つまり、たとえ出資額が1円でも、組織にとって重要な役割を果たす人には配当を多くする事ができます。  また、そうしたアプローチが組織の活性化にもつながります。

2.設立時の費用が安い

合同会社設立のメリットは、なんといってもその費用の安さにあるでしょう。 登録免許税が株式会社は最低でも15万円かかるのに対して、合同会社は6万円ですみます。

さらに公証役場での認証も必要ない為、認証費用の約5万2千円も不要となります。

設立にかかる費用の安さが最大の魅力です。 したがって、設立時にかかるコストを安く抑えることができます。

3.決算公告が不要

合同会社は株式会社と違い、決算公告の必要がありません。そのため毎年の官報の費用(約6万円)がかからないのです。

また役員の任期も無制限なため株式会社のような役員変更登記の必要がありません。

(株式会社は原則2年毎、条件によっては最長10年で役員変更登記が必要)

合同会社のデメリット 1.所有と経営の関係

株式会社では「所有」と経営の「分離」すなわち、株主が会社を所有し、経営のプロである取締役に経営を委任していた形になります。

これに対して、合同会社は社員、組合員全員が経営に参加する事が求められています。 したがって、業務執行のスピードが遅くなる可能性があります。 

2.社会的認知度・信用度が低い

平成18年5月施行の会社法により創設された新しい会社形態であるため、社会的な認知度はまだまだ低いといえるでしょう。合同会社としての評価はいまから築かれていきます。

Source: http://nagoyakita-sogyo.com/page-66/

Leave a Replay

Submit Message