合同会社設立 必要書類

合同 会社 の 設立

合同会社の設立をお考えの方は、まずは合同会社設立チェックシートをダウンロードして、会社の内容を考えてみましょう。ご不明な点がございましたら、電話やメールでお答えいたしますので、お気軽にお問合せください。

・合同会社設立チェックシート(エクセル)(35KB)

・合同会社設立チェックシート(PDF)(125KB)

※どちらのファイルも内容は同一でA4サイズで印刷できます。文字が小さいので拡大コピーなどで大きくしてご利用ください。

※ご相談の際には、記入済チェックシートをファクスやメールでお送りいただくとスムーズです。

Source: https://www.kaike1.com/company/llc-c/llc-cost



動画を見ます 合同 会社 の 設立

合同会社設立 必要書類

詳細について 合同 会社 の 設立

投稿 2014/07/17 編集 2015/02/24 合同会社設立の手続きにかかる費用はいくらぐらいですか? ツイート 合同会社を設立を検討されている方にとって、会社設立の手続き費用は いくらぐらいなのか、ということは大事な決め手になりますよね。 会社設立を決める上で、 事前に考えうる出費を把握しておくことも大切です。 ~登記申請までにかかる費用~ 定款印紙代…40,000円 謄本手数料…2,000円前後 登録免許税…60,000円 合計102,000円 [関係項目] 登記申請のための費用 会社設立準備費用  

1.用意しておくべき合同会社設立費用

まず、合同会社の設立をするということはどういうことなのでしょうか。 それは、法務局への設立登記申請をすることを指します。

つまり会社設立にかかる費用は、「登記申請のための費用」と「会社設立準備費用」に分けられます。

登記申請のための費用

登記申請とは、法務局に必要書類を提出をすることを指します。

定款の作成

必要書類の中に、『定款』といわれる冊子があります。 『定款』には、会社の基本事項やルールが記載されます。

株式会社とは違い合同会社の場合、「定款の認証」という事前の手続きが不要になります。 ※定款の認証費用50,000円がかからない!ということです。

ここで提出する定款に関しては、以下の費用が必要になります。

※謄本手数料とは、定款の原本以外に謄本を作る費用になります。 1ページ250円で、約2,000円用意しておけば大丈夫でしょう。

注意点:印紙代がかからない!?「電子定款」とは?

「電子定款」というCD-ROMなどの電子媒体に入れられた定款という方法を使って提出すると、印紙代は必要ありません。

少しでも費用を抑えるため、電子定款を作成すればいいのかと思いますが、電子定款を作成するには専門のソフトが必要になります。

また、あわせて電子証明書という書類の添付が必要なため、費用面でも手間の面でも、自分で電子申告をするというのは避けたほうがいいと思います。

登録免許税とは

登記申請に必要な費用として、「登録免許税」があります。

「登録免許税」とは、登録免許税とは国税のひとつです。

合同会社の場合、資本金の7/1000(最低金額6万円)を納めなければいけません。

つまり、約900万円以下の資本金を持って合同会社を設立する場合、 登録免許税として60,000円がかかるということです。

まとめると、登記申請にかかる費用として、

Source: http://www.asakusa-shihou.jp/article/13587415.html

Leave a Replay

Submit Message