シンガポール マレーシア 進出 支援 会計 会社設立

合同 会社 設立 助成 金

雇用保険の受給資格者がその受給期間中に、自らが創業(個人事業または法人どちらでも可)し、創業後1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、創業に要した費用の一部について助成します。

1.受給できる事業主2.助成対象となる経費法人等設立の準備にかかる経費運営等経費職業能力開発経費雇用改善の改善に要した経費3.支給金額

助成対象となる経費の3分の1(限度額200万円)

 【注意】 法人等の設立日から3ヶ月以内にサービスの提供、物品の引き渡しがあることが必要です。 法人等の設立事前届の提出日以降第1回目の支給申請日までに支払いが完了していることが必要です。

4.助成されるための手続き提出期限

雇用保険の受給期間中に事業を開始しようと決断したら、事業を開始する前に事前に申請

手続き先提出書類5.ちょっと教えてQ&AQ:助成金申請時に添付する「契約書」「領収書」についてどんな点に注意しておけば良いですか?

A:チェックポイントは下記の4つです。

Q:営業用として車両を購入しましたが、ガソリン代やオイル交換代は助成対象になりますか?

A:ガソリン代やオイル交換代は、消耗品になるため、助成対象になりません。

受給資格者創業支援助成金 雇用保険の受給資格者がその受給期間中に、自らが創業(個人事業または法人どちらでも可)し、創業後1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、創業に要した費用の一部について助成します。 1.受給できる事業主 受給資格に係る被保険者期間が5年以上ある受給資格者が個人事業として創業、または、法人を設立したものであること。 創業する受給資格者が専ら業務に従事していること。 個人事業または法人の代表者であって、法人の場合は創業する受給資格者本人が出資していること。 法人等の設立日以後3ヶ月以上、事業を営んでいること。 設立日(個人事業の場合は開業日)から1年以内に、雇用保険の一般被保険者を雇い入れること(パート・正社員等は問いません)。 法人等を設立する前に、公共職業安定所に「法人等設立事前届」を提出したもの。 2.助成対象となる経費 法人等設立の準備にかかる経費 事業計画の作成費用等 金融機関への出資金払込手数料等 運営等経費 事務所、店舗等の賃借料 電気工事、設備工事、内外装工事費に係る経費 厨房機器、空調等の設備費 フランチャイズ加盟金 パソコン、車両等動産のリース料等 職業能力開発経費 講習、研修会等の受講費用 雇用改善の改善に要した経費 労働者の募集 就業規則作成に係る経費 等 3.支給金額 助成対象となる経費の3分の1(限度額200万円)  【注意】 法人等の設立日から3ヶ月以内にサービスの提供、物品の引き渡しがあることが必要です。 法人等の設立事前届の提出日以降第1回目の支給申請日までに支払いが完了していることが必要です。 4.助成されるための手続き 提出期限 雇用保険の受給期間中に事業を開始しようと決断したら、事業を開始する前に事前に申請 手続き先 公共職業安定所 提出書類 事前届・・・「法人等設立事前届」 助成金支給申請・・・「受給資格者創業支援助成金支給申請書」 5.ちょっと教えてQ&A Q:助成金申請時に添付する「契約書」「領収書」についてどんな点に注意しておけば良いですか? A:チェックポイントは下記の4つです。 契約年月日が「法人等設立事前届」の提出日以降であること 領収書の宛先が事業を起こした本人または事業所名でること ※「上様」では対象になりません! 但し書きや請求書など、品目等が明確であること 支払先から正式に発行されている書類であって、支払った金額がわかること Q:営業用として車両を購入しましたが、ガソリン代やオイル交換代は助成対象になりますか? A:ガソリン代やオイル交換代は、消耗品になるため、助成対象になりません。

ご自身の手で、最も安く、簡単に合同会社を設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

自分で出来る!合同会社設立キットでは、合同会社設立手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。(現物出資による合同会社設立にも完全対応)

会社設立実績1500社を超える専門家が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

当事務所があなたを全力でサポートいたします。 当事務所は、お客様のニーズに合わせた会社設立のお手伝いを致しております。 許認可取得を前提として会社を設立したい、あるいは定款の細部にまでこだわりたい場合など、お気軽にお申し付け下さい。

お問い合わせ・面談のご予約・サービスのお申込はこちら

TEL03-6804-5833 電話受付9:00~17:30 E-Mail info@llc-support.net

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所 代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号 事務所概要・アクセスマップはこちら

合同会社設立をお考えの方はお気軽にご相談ください。 合同会社設立手続きサービス提供可能地域。日本全国対応致します。 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

Source: http://www.seturitu-hakata.com/support01



動画を見ます 合同 会社 設立 助成 金

シンガポール マレーシア 進出 支援 会計 会社設立

詳細について 合同 会社 設立 助成 金

助成金

会社設立を考えるとき、頭を悩ませるのが資金繰りです。 そこで、ぜひ活用していただきたいのが厚生労働省が取り扱っている「助成金」です。

助成金は、「資金不足」や「人手不足」に悩む事業主のための資金調達手段で、条件を満たせば所定の手続きを行うことで必ずもらえる資金です。 しかも、融資ではありませんので、返済の義務はありません。

ところが、「知識がない」「手続きをする暇がない」などの理由で、受給申請をしそこなっているのが実情です。 申請に一定の期限のあるものや、会社設立手続きを開始する前から準備しなければならないものもありますので、助成金の専門家である社会保険労務士に早めに相談することをおすすめします。

会社設立サポート福岡では提携の社会保険労務士が、会社設立時後の助成金のアドバイスと申請代行のサポートを行っています。

会社設立時に活用できる主な助成金

会社設立関連の助成金は、厚生労働省所管の「雇用関係」にかかわるものが対象です。 利用するためには、社員を雇用し、雇用保険に加入していることが前提となります。

受給資格者創業支援助成金 中小企業基盤人材確保助成金 

特定の地域では基準金額が異なることがあります。

創業時に活用できる助成金の財源について これらの助成金は、会社が国に支払う「雇用保険料」の一部が主な財源となっています。 現在雇用保険料を納めている経営者の方も、独立してこれから会社を設立する方も、もともとは自分が納めているお金ですから、当然に助成金を受給する権利があります。受け取れる助成金はすべて受け取りましょう。

Source: http://www.llc-support.net/jyosei/jyukyu

Leave a Replay

Submit Message